不動産鑑定士のお仕事

「情報を収集・分析し、論理立てて評価する」という一連の流れが面白そうで、自分に向いてるかも知れないと感じ、試験にチャレンジして資格を取得!

長谷川英亮先生
きっかけ
私は、畑や田んぼが広がる田舎で生まれ育ったのですが、車を運転できない子供にとっては、不便で仕方なかったです。
現実逃避のためか「ここにあんなお店があったら良いのになぁ〜」などと、勝手に自分好みの街並みを妄想するような癖があり、この頃から不動産に漠然とした興味があったのかも知れません。(それだからなのかは不明ですが)大学卒業後は住宅メーカーに就職しました。

賃貸アパートの建築を請負う営業職でしたが、法律や税務などの専門知識が必要とされる仕事でしたので、先ずは宅地建物取引士の資格を取得したのですが、この時に初めて、不動産の価値を評価する「不動産鑑定士」という仕事があることを知りました。
調べてみたところ、「情報を収集・分析し、論理立てて評価する」という一連の流れが面白そうで、かつ、自分に向いているかも知れないと感じ、試験にチャレンジし資格を取得しました。

目指した年齢
24才

役に立つ習い事

習い事ではありませんが、普段の学校の授業が役に立っていると思います。

  • 国語:論理的に考え、それを表現できる能力が必要となります。
  • 算数:不動産の価格は、計算して出します。論理的思考力も養えます。
  • 社会:不動産の価格は、地域とのかかわりの中で決定されます。
この職業はこういう人に向いている!
  • 物事の筋道を立てて話すことが得意な人。
  • 情報を集めるのが好きな人。
  • 自分なりに分析することが好きな人。
  • 謎解きが好きな人。
  • フィールドワークが好きな人。
  • 好奇心が旺盛な人。
印象に残る親のサポート

(大人になってからの話)

  • 会社を退職しての不動産鑑定士試験へのチャレンジだったのですが、1度目は不合格となってしまい、貯金も底をついてしまいました。
    その時、父親が出世払いということで資金を援助してくれたので、今があります。
  • 私自身も、自分の子供が本気でチャレンジする時には、バックアップできる親でありたいと思っています。
これから目指す人への応援コメント
  • 不動産鑑定士に限らず、いわゆる「士業」に代表される専門職の仕事は、テクノロジーの進化により、大きな転換点にあります。
  • 不動産鑑定評価も、ビッグデータをAIで解析する方が、より早く精度の高い価格を算出することができるのだと思います。
  • 一方で、不動産は人々の生活に欠くことのできない基盤であり、その評価額を判断し意見する不動産鑑定士の仕事が、社会的公共的意義の深いものである点は変わりません。
  • これからの不動産鑑定士は、テクノロジーをツールとして軽やかに扱えることが必須になると思いますので、同時に、例えばデータサイエンス等を学ぶと良いのではないでしょうか。
プロフィール
大和ハウス工業(株)にてコンサルティング業務(土地有効活用提案・アパート営業)に従事した後、(株)エー・ディー・ワークスに入社。
不良債権を中心とした不動産鑑定業務に携わる。
その後、同社において不動産ファンドを組成しアセット・マネジメント業務(資産運用業務)に従事した後、プロパティ・マネジメント(賃貸管理)部門の責任者として同社のジャスダック上場に貢献した。

2013年からデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーに参画し、不動産アドバイザリー業務の立ち上げに参画。
事業再生・M&A、事業承継・相続対策に係る不動産領域のコンサルティング業務に関与した。
2017年から(株)エール・アセットにて、専任の不動産鑑定士に就任している。

不動産鑑定士・宅地建物取引士・不動産証券化認定マスター・FP技能士(2級)

画像をクリックすると拡大します。