起業家のお仕事

バイトで入った会社の取締役と新しい会社を起こして、起業家に!

あえて、「起業家」と書きましたが、実は、好きな言葉ではありません。
「事業家」が正しいと考えています。
ただ、近年、起業家という言葉が流行り のように語られているので、そう書きました。
行っている仕事は「マーケティング」です。
これまた難しい言葉ですね。(^^)
*マーケティングはマーケットを活性化する仕事です。市場の活性化です。
中学英語を強引に使うと「市場ing」になります。

・消費者の声を聞いたり、行動を観察したりして、新商品をデザインして、
・できた新製品を、売れるべく販売促進=プロモーションします。

その費用は契約している企業からもらいます。クライアントと言います。
なので、近い業種で言うと「広告代理店」のような仕事です。

事業家は、簡単に言うと、サラリーマン(企業に属して働く)にならないで、 自身で会社を作ることです。
事業家の責任は大きいです。リスクもあります。
でも、何が楽しいって、「社会と直接対峙できる」ことです。
成功しても失敗しても、自分の能力や技術・努力が、社会からの直接評価を受けられることです。
サラリーマンは違いますね。
上司がいて、会社があって、いろいろな制約の中でがんばります。
それが悪いと言っているのではありません。
「違うよろこび」と言っておきます。

きっかけ
事業家になろうと思っていた訳ではないです。
たまたま知ったマーケティングという仕事が楽しくて、自分に合っていた。
楽しいことを夢中でやっていたら、なぜか会社ができて、社長なっていただけ です。

目指した年齢
27歳。
起業した年齢。目指したわけではない。

役に立つ習い事
この職業はこういう人に向いている!
特にないですが、今思うに、小学校時代の大好き・得意が大切と思う。
僕は、
1.早食い
2.鉄棒
3.プラモデル
の3つだけ人に負けなかった。

・早食い。
小6で133㎝と超チビだったので、早食いしか人に誇れるものがなかった。
→ 食品マーケティングが大好き。

・鉄棒。
体が小さいと言うことは、くるくる回るワザに強い。
人に「すごい!」と言われるのが好き。
→ クライアント(お客様)にプレゼンテーションするのが好き。
あと、後年だけど、人前での講演も嫌いではなかったことに気がついた。

・プラモデル。
深夜、コツコツと組み立てて、色塗って、完成した時はむちゃうれしい。
→企画書づくりですね。
パソコンを使いこなして、いろいろな企画をつくる

これから目指す人への応援コメント
もう一度、書きます。
「好き」が一番。
その好きをどんどん伸ばして。
その「好き」の本質をお父さんやお母さんと語ってみて。
意外にシンプルだよ。
プロフィール

・小学生 低学年
大きくなったらなりたかったもの。
「銭湯の番台と女子トイレのタイル」(^^)
作文の時間に、先生が、「君たちが何にでもなれるとして、なりたいものやコ トを書いて」というから書いた。
そしたら、職員室に呼び出された。
正直はそこそこにしよう。

・高学年
パイロット。
中学になって近視+色弱とわかりギブアップ。
あと、地球の命が45億才と知って、その永遠さがこわくなって1年ほど眠れない日々が続いたことがあった。
自分の死んだ後も、その後も、ずーーっと後も地球は終わらないという不安。← 変な不安。

・中学
小学校時代は神童(^^) だったから無勉強で、それなりの私立受験校に入った 。
でも、なんか変だぞ。多くのやつらが予習や復習をしている。←バカみたいと 見下げていた。
そしたら、1学期の成績、突然に45番。
ケツから10番目。 夢も希望もなくなった中学時代。
1回目の挫折。

・高校
中3の最後の頃、人生初の予習をした。
科目は英語。
そしたら、授業中、学校一こわい英語の先生の目に止まった。
彼の質問に答えられた。
「稲垣く--ん、君はすばらしい--!」と大声でほめられた。
そこから一転、英語、大好きに変貌。英語、愛してる。
英語が好きになったし、たくさん勉強もしたから、「世界を飛び回る商社マン」になりたくなった。
ただ、クラスの担任(こいつが東大卒)と意見が合わず、おもしろくなかった。
だから、東大なんかには行ってやるものかと決めた。(^^)

・大学
高校時代はガリ勉だったから現役で早稲田に受かったよ。

1-2年
ただの遊び人と化した。酒、麻雀、バンドと女。
ガリ勉入学だったので世間知らずのまま大学生に。
ところが、入ったバンド仲間7人中、僕ともう一人だけが子供。みんな、大人の体験をした猛者ばかり。
ガーーーン!
2回目の挫折というかショック。

3-4年
遊び過ぎた2年間で大学に飽きた。
絶望でもある。
3年になって就職活動。このまま社会に出たら馬鹿になるという恐怖心。
実際には休学にしたけど、退学する覚悟。

・1年目
単身オーストラリアに遊学。
バイトとヒッチハイクの日々。皿洗いやウェイターや。
日本で貯めた50万のお金を持って、1年後には200万なって帰国した。
ここには書けない危ないこともたくさんやったからね。
日本に帰って1ヶ月目で、ずっと待っていてくれた彼女に、突然に振られた。
原因不明。
3回目の挫折。

・2年目
「株の相場で身を立てる..」と決心して、証券会社で黒板書き(短波放送を 聞いて値を記録する係)のアルバイト。
でも、そこの社員たちのサラリーマン 実態を見てしまって、絶望。

5-6年
復学。超ガリ勉。
図書館に1日10時間。
中小企業診断士を目指した。
4年の春にふられた娘が「経営コンサルタントと婚約したらしい..」との情報で、一念発起、がんばった。← ここ大切。
マーケティングはこの勉強で知った。
だから22才。
留年生は単位を自由に選べないから、朝8:30のコマの次が16:30とか最悪。
なので、図書館、授業、一人ビリヤードの往復の2年間。
※診断士は27才だったかな、史上最年少で受かったよ。

卒業
就職試験は受けてみたけど、やはり自分の体質に合わないと再認識。
卒業式の日には会社を作っていた。
でも、1年で倒産。バイト人生に転落。
得たものは、麻布十番で声をかけた今の妻だけ。
4回目の挫折。

バイト先がドゥ・ハウスの前身の会社。
2年で、当時の取締役と手をつないで ドゥ・ハウス創業。

ということで、挫折は4回でした。(^^)

イベント/講座リクエスト

稲垣先生のイベント/講座を受けてみたい方は下記よりご連絡ください。
開催決定次第、ご案内させていただきます。
(リクエストなので参加は必須ではありません)

お子様の年齢

聞きたい職業

小児科医ファッションモデルホテリア住職/僧侶国際中医薬膳管理師国際中医師調理師アナウンサーダンボールアーティストシューフィッターダンサーパーソナルトレーナーおもてなしコンサルタント弁護士起業家画家グラフィックデザイナー税理士鍼灸あん摩マッサージ指圧師スポーツメンタルコーチ占いソウルカウンセラー書道家格闘家フィジカルトレーナー政治家劇団四季女優スポーツアドバイザーオリンピック選手プロゴルファーゴルフコーチ理学療法士フィジカルトレーナー美容師体操選手メイクアップアーティストトータルビジュアルプロデューサー和食料理人英会話講師ファイナンシャルプランナーパーソナルカラーアナリスト管理栄養士自爪ケア専門家ダンス講師プロ社交ダンスインストラクター行政書士カメラマン冒険家薬剤師ストリートダンス(HIPHOP)インストラクターヨガインストラクター広報脊髄損傷者専門トレーナ

oyakode無料モニター

希望する希望しない

※"希望する"をお選びいただいた方へは、公開前に開催する無料モニター講座のご案内をメールでお送りさせていただきます。

※お選びいただいた職業以外のご案内もお送りさせていただきます。

※また無料モニターとして受講された方は、受講後簡単なアンケートにお答えいただきます。