車椅子経営者のお仕事

日本で唯一の脊髄損傷患者専門のトレーニングジム経営者

きっかけ
私は二十歳の時、事故によって首の骨を骨折し、頚髄損傷となり車いす生活を送ることになりました。
日本に退院後のリハビリ環境がない現状を解決すべく、アメリカのトレーニング技術を持ち込み、
日本初となる脊髄損傷者専門トレーニングジムを立ち上げました。

目指した年齢
23歳

役に立つ習い事
特にない

この職業はこういう人に向いている!
新しいものに興味を持ち、挑戦できる人

印象に残る親のサポート
私の家は経営者家族で、小さいながらも会社を営んでおりました。
新しいものに常にアンテナを張り、どんな挑戦も応援してくれる環境でした。
「小さくても主になれ」が父の教えでした。

これから目指す人への応援コメント
世の中にないものを作り出す楽しみは経営者にしか生み出せません。
その夢に賛同してくれるスタッフが増えていくことはとてもやりがいになります。
夢を夢で終わらせない人生にしませんか。
プロフィール

車椅子経営者

現在は二度と歩けないといわれた人たちに再歩行を目指すRe Walkメニューを提供するJ-Workoutトレーニングスタジオを
東京・大阪・福岡の3拠点で展開しています。
そのほかに、東京スタジオに併設したセルフ型のジムを立ち上げるなど車いすユーザーのトレーニング環境が
当たり前になるよう日々挑戦しています。