カメラマンのお仕事

勤めていた会社で偶然に撮影担当になったことがきっかけ!

きっかけ
20代の頃に務めていた会社で Web サイトや広告を管理・運用する部署にいたのですが、それらの制作の一環として「社内でも撮影をできるようにしたいね」と言っていたら「じゃあお願い」と撮影の担当になりました。
それが仕事として写真を撮るようになったきっかけです。

目指した年齢
自分から始めたいと思ったわけではなく、一緒に仕事をしている人たちとの話の流れで写真を撮るようになりました。
なので「この職業に就きたい」と思ったことはありません。たまたまです。

役に立つ習い事
小学生のころに書道教室に通っていましたが、半年くらいでやめてしまいました。
ちゃんと続けられたらキレイな字を書けるようになっていなのかなぁと、今でも後悔しています。
続けられなかった僕が言っても説得力がないかもしれませんが、自分が興味を持って始めたことなら、どんな習い事でもきっと役に立つと思います。

この職業はこういう人に向いている!
人と関わることが好きな人はこの職業に向いていると思います。
ほとんどの場合、デザイナーやディレクターと話をしながら、一緒に一枚の写真を作っていきます。
僕は、この時間が大好きです。

印象に残る親のサポート
とくに積極的なサポートを思い出すことはできないのですが、何かをしたいなと思ったときに、それを反対されたことがなかったような気がします。
ただ見守っていてくれていたんでしょうね。

これから目指す人への応援コメント
企業の写真では都内のオフィスはもちろん、地方の工場や工事現場・鉱山・採石場で撮影することもありますし、医療関係の撮影では手術の現場に立ち会うこともあります。
この仕事をしていなかったら見ることができなかった場面がたくさんあります。
ちょっと得した気分になれる事が多くて、とっても楽しい仕事ですよ。
プロフィール

カメラマン

フリーのカメラマンをしています。
主に、企業や医療機関のパンフレット・ホームページに掲載する写真を撮影しています。

イベント/講座リクエスト

松本先生のイベント/講座を受けてみたい方は下記よりご連絡ください。
開催決定次第、ご案内させていただきます。
(リクエストなので参加は必須ではありません)

お子様の年齢

聞きたい職業

小児科医ファッションモデルホテリア住職/僧侶国際中医薬膳管理師国際中医師調理師アナウンサーダンボールアーティストシューフィッターダンサーパーソナルトレーナーおもてなしコンサルタント弁護士起業家画家グラフィックデザイナー税理士鍼灸あん摩マッサージ指圧師スポーツメンタルコーチ占いソウルカウンセラー書道家格闘家フィジカルトレーナー政治家劇団四季女優スポーツアドバイザーオリンピック選手プロゴルファーゴルフコーチ理学療法士フィジカルトレーナー美容師体操選手メイクアップアーティストトータルビジュアルプロデューサー和食料理人英会話講師ファイナンシャルプランナーパーソナルカラーアナリスト管理栄養士自爪ケア専門家ダンス講師プロ社交ダンスインストラクター行政書士カメラマン冒険家薬剤師ストリートダンス(HIPHOP)インストラクターヨガインストラクター広報脊髄損傷者専門トレーナ

oyakode無料モニター

希望する希望しない

※"希望する"をお選びいただいた方へは、公開前に開催する無料モニター講座のご案内をメールでお送りさせていただきます。

※お選びいただいた職業以外のご案内もお送りさせていただきます。

※また無料モニターとして受講された方は、受講後簡単なアンケートにお答えいただきます。