メイク講師のお仕事

38歳でメイクの技術を学び一般の方の日常メイクのやり方を伝えるメイクレッスン専用のアーティストとして独立!

村上妙香先生
きっかけ
メイクは元々、大嫌いで下手でした。
エステティシャンの仕事をしていた時には嫌々メイクをしていました。
でもある日、お客様にメイクを上手にしてあげることが出来ました。
その時のお客様が「メイクのやり方を教えて欲しい!」と少女のように喜ぶ姿が忘れられず、「私がこれからもっと沢山の人に喜んでもらえる仕事はメイクなのでは?」と思うようになり、一念発起し38歳でメイクの技術を学び一般の方の日常メイクのやり方を伝えるメイクレッスン専用のアーティストとして独立しました。

目指した年齢
きっかけにも書きましたが、メイクは元々嫌いだったので、メイクの職業につきたいと思ったのは38歳の時でした。
とっても遅いと思いますし、周りの皆にも今からメイクの仕事するの??と反対されました。
でも結果、38歳だったからこそ、自分のやりたいメイクも迷わずに決めれ、当時まだメイクレッスンの講師という仕事が世の中になかった時にスタートをすることができ、沢山の方に注目していただくことが出来ました。
何歳からでもスタート出来ます。

役に立つ習い事
ファッションコーディネートや、パーソナルカラー診断、骨格診断、ヘアアレンジなど、美容に関することはなんでも習えば役に立ちました。お客様の相談に乗ることも意外と多い職業なのでカウンセラーの勉強も役に立ちました。

この職業はこういう人に向いている!
①メイクが好きな人!というのはもちろんですが、メイクが苦手でも、誰かを喜ばせてあげた気持ちがある人であれば、誰でも出来ますし、本当に喜ばれるお仕事です。
②自分を綺麗にするのが好きな人は普段からセンスが磨かれるのでメイクの上達も早い人が多いです。
③自分のことが好きな人は人のチャームポイントを見つけるのが上手なのでメイクの講師に向いています。
④そして意外と背が低い人はメイクの姿勢が楽にメイク出来ます。
⑤重たい荷物を持ったり意外と体力勝負なので体力に自信がある人も向いています。

印象に残る親のサポート
父も母も料理人で料理を良く教えてくれました。
実は料理もメイクも「足し算引き算」が大切だったりします。
似ている部分がとてもあります。
好きなことを一生懸命取り組めば、将来あなたのやりたい仕事に役に立つ事が必ずあります。

これから目指す人への応援コメント
メイクの仕事は、メイクが上手くなることが大切ですが、初めから上手な人はいません。
沢山の人の顔を触らせてもらって時には失敗もすることです。
そうすれば必ず魔法のように上手にメイクできるようになります。
最近はメンズメイクも主流になってきているので男女問わずお仕事が出来ると思います。
是非メイクの楽しさを伝えて豊かな人生を歩んでください。
プロフィール
合同会社TAEKOmagic 代表 村上妙香

独自のメゾットとカリキュラムを確立し、2011年マジックのように若々しく変身出来る「TAEKO MAGIC メイクレッスンアカデミー」を設立。現在1万人以上の女性にメイクの指導をし自信をもって輝きたい女性を後押しし続ける。
現在はメイクレッスンのプロの養成も行い全国に認定講師を排出している。

【著書】
『メイクを教える仕事で独立する方法』(同文舘出版)