フリーアナウンサーのお仕事

関西テレビ、朝日放送、サンテレビ、KBS京都、ラジオ関西、ラジオ大阪など、多くのレギュラー番組に出演。

能崎まゆみ先生
きっかけ
小学生の頃、なりたかったのは『テレビで世界中を旅する人』。
毎朝、学校へ行く前に見ていたテレビ番組で、女性レポーターが外国を旅しながら体当たりレポートする姿を見て「カッコいい!」と憧れていました。

大学生になって、外国を旅する費用を貯めるため、何十種類もの沢山のアルバイトをしました。
その中で、一番ワクワクしたのが、ファッションショーのステージ裏から見た、司会者。
スポットライトを浴び、ステージでマイクを持って喋る姿を見て、コレだ!と思いました。

目指した年齢
小学生時代は、旅するレポーターに憧れ、
中学時代は、英語を使う仕事に就きたいと思い、
高校時代は、人前に立って話すことが楽しいと気づき、
大学時代に、アナウンサーだ!と確信しました。

役に立つ習い事
■英語
外国語が話せると仕事の幅がグンと広がる。何カ国語か喋ることができると最高!

■ピアノ
どんな楽器でもOK!音楽に詳しいと、コンサートや演奏会などのお仕事ができます。

色んなことに挑戦する、やってみる!それが大事です。
自分自身が経験することで、その世界のプロとの話も広がります。
幅広い知識を持つこと、そして、何にでも興味を持つこと。

この職業はこういう人に向いている!
●お喋りすることが好き
●キラキラする場所が好き
●本を読むのが好き
●人の話を聞くことが好き
●何かに挑戦することが好き
●好奇心旺盛
●体が丈夫
●体力がある
●スポーツが好き
●スポーツを観るのも好き
●音楽が好き
●誰にも負けない特技がある

印象に残る親のサポート
「自由に生きていきなさい。」と言ってくれたこと。

人と同じことをするのが嫌いで、小学生の頃、友達からは「宇宙人」と呼ばれていました。
自分の世界が好きで、空想することも好き。
誰かの言う通りに、決められた道を進むことが嫌いな子どもでした。

そんな娘へ「好きなところへ羽ばたいて行きなさい」と言ってくれ、見守り、応援してくれた両親のおおらかさには、心から感謝しています。

これから目指す人への応援コメント
アナウンサーは、とても人気のある、憧れの職業です。
なりたい人が多くて、局アナへの道は、とても狭き門です。

でも、絶対にアナウンサーになりたい!と強く願い、夢を声に出すことで、必ず実現する方法が見つかります。

どんどん人前で喋る、色んなことにチャレンジしてみる、誰にも負けない得意なことを見つける。
普段から喜怒哀楽を表現する、そして、何より『大切なことは、文字ではなく声に出して伝える』。

声は、磨くほどに艶を増して、光っていきます。
是非、夢を実現して、いつかご一緒にお仕事をしましょう!
楽しみにしています。
プロフィール
大学卒業後、在阪の大手タレント事務所に所属。
フリーアナウンサーとして、関西テレビ、朝日放送、サンテレビ、KBS京都、ラジオ関西、ラジオ大阪など、多くのレギュラー番組に出演。
自治体、企業の式典、シンポジウム、トークショー、パーティー、博覧会、ファッションショー、オペラやクラシックコンサート、スポーツイベント、ゲームソフトのプロモーションイベントなどの様々な司会進行を多数手がける。
その後、タレントプロダクションの新規事業部にてリモートによるタレント養成学校の授業立ち上げを手がける。
更に、イベント会社のブライダル事業部にてウエディングプロデューサーを務め、完全オリジナルのウエディングを企画演出。

退職後、フリーアナウンサーに復帰。
企業をはじめ、中学、高校の教育現場で、アナウンス指導や、表現技術指導を行い、自己表現や声を磨く講座、プレゼンテーション、緊張をコントロールする、メンタルトレーニングなど、現在も様々な研修、講演会などを手がけている。
1人1人に合った指導方法で、コミュニケーション力やプレゼンテーション力を磨き、自己表現力アップを目指す。
楽しく、分かりやすい指導に定評がある。

また、小学校では読み聞かせボランティア、また趣味のフラダンスを活かし高齢者施設やステージでフラ&トークを披露するなど、幅広い活動を行なっている。
能崎まゆみ先生
能崎まゆみ先生