レストラン経営のお仕事

伊豆高原 地元食材イタリアン ミラコロ経営者 料理人

きっかけ
飲食店の子供として育ち、「将来お店を持ちたい」と思うようになり、調理師学校に進学しました。
お店をやるには、「経営」を勉強したいなと思い、経営も学べる調理師学校を選びました。

目指した年齢
高校生の頃です。

役に立つ習い事
特にこれといった習い事は無いと思います。
体力が必要な仕事なので、たくさん運動しておくといいと思います。

この職業はこういう人に向いている!
飲食サービス業は、仕事の範囲がとても広いので、どんな人でも向いていると思います。
ただ、人と関わったり、力を合わせて仕事をすることが多いので、ほかの人を攻めてばかりの人は向いていないと思います。

印象に残る親のサポート
小さなころから店のお手伝いをしていました。
いろいろと「やらせてもらった」ことが今に活きています。
2歳の頃には、お客さんに料理を運ぶまねごとをしていたようです。

これから目指す人への応援コメント
なんでも、「うまくいくこと、成功すること」「うまくいかないこと、失敗すること」があると思います。
まずは1度、よく考えてからやってみる。
成功しても、失敗してもOK! 振り返って反省する。
挑戦しないことが、いちばんよくないことだと思います。
挑戦しなかったら成功も失敗もできませんから。
プロフィール

伊豆高原 地元食材イタリアン ミラコロ経営者 料理人

生まれも育ちも飲食店。
調理師学校卒業後、料理人の道へ。
その後、ホテルやレストランの営業職、支配人、マネージャーとして、静岡県東部を中心に転職8回9社勤務。
2012年に伊豆高原にイタリア料理店を開店。
2014年に移転「伊豆高原 地元食材イタリアン ミラコロ」開店。