ファイナンシャルプランナーのお仕事

会社員から転職。ファイナンシャルプランナー最上位の資格を保持

きっかけ
会社員になって3年ほど経った頃に、祖母に保険のことを聞かれたので説明したら、とても喜ばれたことがきっかけです。
ちょうどその頃、保険も含めたお金の知識に関する資格(ファイナンシャルプランナー資格)があることを知り、
興味を持って、受験することにしました。
受験したら無事に合格したので、どんどん上のレベルに挑戦! 気が付けば、一番上の資格まで取れたので、
この資格を活かせる仕事に転職して今に至ります。

目指した年齢
ファイナンシャルプランナー資格というものがあることを知ったのが、25歳頃。
その資格を活かして専門で仕事をしている人がいることを知ったのが、27歳頃のことでした。
だから、子どものころには知らない仕事だったので、目指してがんばった、というわけではありません。
けれども、大人になって、自分の”好き”を活かせる仕事があることを知って、資格を取ることで手にできた仕事ということになります。

役に立つ習い事
習い事としては「そろばん」などは役に立つかもしれませんが、必須というわけではありません。
それよりも、日々、ニュースや新聞、WEBで得られる情報を見て、世の中のお金について疑問を持ったり、考えたりする習慣が大いに役に立ちます。

この職業はこういう人に向いている!
ファイナンシャルプランナーという仕事は、自分自身が知っているお金の知識を、人に教えてあげると喜ばれて、お金までいただけるという、

自分の”好き”でお金をもらえる仕事です。

食べていけるほど収入が得られるかは人それぞれで保証はできませんが(笑)、何よりも「お金の知識を知るのが好き」
「人の相談にのるのが好き」「人の前に立って話をするのが好き」「図や文章でわかりやすく説明するのが好き」
といった”好き”の気持ちがある人なら、長く続けられる仕事だと思います。

印象に残る親のサポート
何かの機会に「暗算してみて」とよく頼まれていました。
たとえば、豆腐と牛乳と卵を買ったときに、レジにつく前に「合計いくらだと思う?」といった具合です。
親は小銭の用意のために聞いていると言っていましたが、私自身は、同じものでも日々値段が変わることや、
最近では消費税などのしくみにも興味を持つ機会となりました。

これから目指す人への応援コメント
この仕事で活躍している人を見ると、オールマイティでいろいろ詳しいという人よりも、どちらかというと「得意分野」がある人がよく声がかかっている印象があります。
たとえばテレビや雑誌などで紹介されるときも「保険に詳しい○○さん」「教育費に詳しい○○さん」といった紹介のされ方をしますので、その方が目立つのではないでしょうか。
会社員から転職するのであれば、それまでの仕事上で知りえた知識は他には無い得意分野となるので、きっと役に立つと思います。
プロフィール

ファイナンシャルプランナー
「お金のなんでも相談」のような仕事をしています。
世の中のお金は複雑なので、わかりやすく説明してほしいという依頼を受けて、テレビや雑誌でインタビューを受けたり、本を書いたりしています。
もちろん、一人ひとりのお金の相談にのったり、セミナーでお話したりすることもあります。

イベント/講座リクエスト

竹下先生のイベント/講座を受けてみたい方は下記よりご連絡ください。
開催決定次第、ご案内させていただきます。
(リクエストなので参加は必須ではありません)

お子様の年齢

聞きたい職業

小児科医ファッションモデルホテリア住職/僧侶国際中医薬膳管理師国際中医師調理師アナウンサーダンボールアーティストシューフィッターダンサーパーソナルトレーナーおもてなしコンサルタント弁護士起業家画家グラフィックデザイナー税理士鍼灸あん摩マッサージ指圧師スポーツメンタルコーチ占いソウルカウンセラー書道家格闘家フィジカルトレーナー政治家劇団四季女優スポーツアドバイザーオリンピック選手プロゴルファーゴルフコーチ理学療法士フィジカルトレーナー美容師体操選手メイクアップアーティストトータルビジュアルプロデューサー和食料理人英会話講師ファイナンシャルプランナーパーソナルカラーアナリスト管理栄養士自爪ケア専門家ダンス講師プロ社交ダンスインストラクター行政書士カメラマン冒険家薬剤師ストリートダンス(HIPHOP)インストラクターヨガインストラクター広報脊髄損傷者専門トレーナ

oyakode無料モニター

希望する希望しない

※"希望する"をお選びいただいた方へは、公開前に開催する無料モニター講座のご案内をメールでお送りさせていただきます。

※お選びいただいた職業以外のご案内もお送りさせていただきます。

※また無料モニターとして受講された方は、受講後簡単なアンケートにお答えいただきます。