チェスコンシェルジュのお仕事

日本初!チェスを教える会社を起業。

きっかけ
海外ではとてもよく見かけるチェス ルールは世界共通ですので、言語の障壁なく誰とでも楽しめますが、
日本では見かけることもなく残念に思っていました。

小学校時代、イギリスで絵画やクイズを使った授業の印象が強く、自分の土台になっています。
どなたでも楽しめるような教養と脳トレを取り入れたチェスの独自の講座を作りたいと思い会社をはじめました。

チェスの先生が日本にはほとんどいないので「チェスコンシェルジュ®️」という資格を作りました。
チェスコンシェルジュ®️をこれから増やしていくことも目標の一つです。

目指した年齢
34才。
子どもたちとお散歩をしながらスクールを作りたいと思ったことを覚えています。
その時は紅茶の先生でしたので紅茶のスクールを作ることも考えていました。

役に立つ習い事
英語

この職業はこういう人に向いている!
英語が好きな方
教えることが好きな方

印象に残る親のサポート
幼少期、現地校に通っていたのでどんどん日本語を忘れてしまう状態でしたが、
家では日本語を話すように厳しく言われていました。 今ではとても感謝しています。
また漢字なども、日本に帰って困らないようにドリルを日本から送ってもらっていました。
帰国してからは英語を忘れないように、帰国子女のための英語スクールに弟と通わせてくれていました。
家庭を持ってからチェススクールを作ったのですが、両親はいつも応援してくれています。

これから目指す人への応援コメント
どんなことでもまず挑戦してみましょう!
たくさん挑戦し失敗した人ほど多くをそこから学び成功します。
プロフィール

一般社団法人チェスコンシェルジュ協会Crystal House代表理事
株式会社 Chess for Japan 代表取締役
イギリス帰国子女 チェスを通じて友人を作る
聖心女子大学 心理学専攻 卒業 3児の母。

3歳から小学校時代までをイギリス、ロンドンに在住。
大学卒業後、研修を経て思春期の帰国子女のカウンセリングに従事。
配偶者の海外転勤に伴いイギリス、オーストリア、ハンガリーに住み、在外公館にて要人との接客に携わりチェスのある文化に親しむ。

ティーインストラクターとして10年間大使館や企業でティーセミナーを開催、またインストラクター養成を行う。
2018年(株)チェスフォージャパンを設立。
同年5月に自由が丘、12月に広尾クィーンズチェススクールを開校。
女性限定のプライベートチェスレッスン、チェスコンシェルジュ®養成、小学生対象のチェス・ラボを行う。

チェスを通して集中力・思考力・教養を養う土台作り、可能性を大切にしています。
ご自分の「志向」と「思考」に気づき、より良い人生を歩むお手伝いをいたします。